あなたの幸運を 一番疑っているのは

「あなたの幸運を
一番疑っているのは、
あなた自身かも、しれません」
オーダーメイドメンテの
真理の探究講座でお話する
常識を考えるの意味を、
今日は少しお話しますね。
私は、子供の頃から、
特殊な育ち方をしてましてね、
大体、生年月日が、
1960年1月1日
生まれ時間も、
四桁全てが、1です。
母は、大層生真面目な人
でしたから、
決して嘘はありませんし、
へその緒の箱にも、
生年月日は記載されてます。

物心ついたころから、
装束をつけた天狗や、
仏像をくれた、
血の繋がらない
亡くなった祖父とか、
私の目の前に、
現れるんですね。

現れ方は、最近、意味が
わかったんですが、
粒子の塊風で、
見え方は、透けてます。

ちょうどその頃、
両親が、すし屋を
はじめまして、
修行もしてない親たち
ですよ。

店には、著名人が
沢山いらして、
カウンターに、殿様も、
いらした。
テレビドラマの俳優です。

子供心に、
ちょんまげ結ってないんだ‼️
と、カルチャーショック
でした。

1960年代というのは、
精神医学、霊性学の
夜明けの時代なわけですが、
私は、二人妹がいますけれど、
全く違う生活をしております。

学校も、妹二人は、
私立ですが、
私だけが、公立。
名古屋はね、
お金持ちは、大概、
私立に行く文化なんです。

大学受験は、
全く勉強せず、
知能指数が学年5番内
なのに、おかしいと、
職員室でよく説教を
されました。
その先生は、京大出身で、
今も、親しくしてます。

自分的には、
心理学科へ行き、
教師になりたかった
のですが、
親がお金が、かかって
大変だと思い、
就職して、夜学や、
プライベートスクールへ
通い、いろいろ学び、
いわゆる資格をとりました。

中学もろくに行けなかった
時代の両親は、
女は、大学に行かなくてよい。
という父の考えと、
これは、母が、
死ぬ前に言ったんですが、
「あんたは、賢すぎて、
大学に行かしたら、
もう、家におらんくなると
思った」

母は、私のメイド
みたいな生き方で、
すし屋時代、本当に
よく支えてくれました。

私の最初の就職は、
父の友人の社長の
会社で、縁故採用で、
初年度のボーナスが、
当時で、30万。
シンガポールへ社員旅行。
両親も、驚きました。

「きくみ、帰るぞ」
社長の時間の会う時は、
運転手つきの
センチュリーで
送ってもらいました。

その他の日は、
彼氏が、毎晩、
職場まで、
迎えにきてくれました。

朝はタクシーで、
会社に行ってました。
ある日、専務に見つかり、
叱られた(笑)

三年程して縁故が嫌で、
転職し、ある大手の
販売会社の一般募集で、
20倍の確率で、
採用され、経理から、
営業、最後は、
社長秘書になりました。

二年程で、
私は、養嗣子縁組みで、
寿退社をするんですが、
その社長は副業をして、
その時に、
星野仙一さん
とのご縁ができました。

私の結婚式は、
父の友人の結婚式場、
東山ガーデンで、
13時から21時まで、
貸切りで、
5回お色直し
食事も、絵帽子装束で、
うちの職人たちが、
すしを握りました。

養嗣子縁組みなんですが、
朝6時に、家でお支度して
お菓子を巻いて、
出立しました。
先導は、茶川一郎さん。
結婚式司会は青空うれしさん。
主来賓は、
民社党党首塚本三郎さん
でした。
当然、SPも待機。

当時の結婚式の
写真は、私が、
離婚するまで、
その結婚式場に、
永らく飾られていました。

お仲人は、
熱田区長者番付トップ、
家族全員が、
長者番付になってる
うちのすし屋の
お客様でした。
父と兄弟以上の、
仲良しでした。

さて、副業された社長は、
その後、数年して、
失敗して
行方不明となる前に、
はじめて、
私のすし屋に、いらして
カウンターで、

「キク、食べて
行ければいいよ」と、
上機嫌で、拓殖大学の
応援歌を歌われてました。

その二、三日後、
社員の方から電話が、
入り、行方不明を
知りました。

最初の就職先の
プレジデントで、
送ってくれた社長も、
亡くなる前に、
よくうちのすし屋に
いらしてくださり、
「俺は、いつも
お前のお父さんに
念仏をあげてるよ」と、
おっしゃってた。

その後の
私のいろんな人生経験を
振り返りますと、
人には、やはり、
各々に、与えられた
役割があると、確信します。

常識外で、
生きてきた私の
いわば結論です。
皆さま、どうか、
ご自身の殻を
破って、
心配の無い、
心豊かな世界へ
いらしてください。

心が、豊かなら、
物質はついてきます。

あなたの幸運を
一番疑っているのは、
あなた自身かも、しれません

https://www.youtube.com/watch?v=sTpDm6icm_E&app=desktop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで