占術今昔2

IMG_8650

時代背景により占術の解釈は変わります。
1100年程前に開発された紫微斗占術で、使う星、
「七殺星、破軍星、貪狼星」などは、
行動、変化星ですので、
従順な女性が望まれた時代には、「女命」としては、嫌われたものです。

安部政権のもと、
女性の社会進出奨励政策のもとでは、逞しい成功星となるでしょう。
誤解がないようにして頂きたいのですが、
紫微斗占術では、108の星を使用し、
どなたにも満遍なく星は入りますが、
輝き度と、どの宮に入るかで解釈が全くちがいます。

官録宮(仕事の宮)に、加会し、燦々と輝いていれば、
その方は起業、もしくは揺るぎない仕事運があります。
また、年代も考慮しなくてはなりません。
働き盛りの年に官録宮が周り、星の力が強ければ、素晴らしい仕事運。
しかしながら、その方はかなりな我欲主義になることは否めません。
せっかく星が入っていても、
力量が弱ければ仕事の大成功は難しいですが、
それなりの穏やか人生が約束されます。
生年月日生まれ時間は、一生変わりません。
宿る命、宿命を考慮した人生設計は、
人類の知恵だと信じております。

単なる統計学でない部分に、術師の力量が問われます。
そのことも全て紫微斗命盤に現れますので、
なんとも不思議な世界だと認めずにはいられないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで