いちいちのこと、一喜一憂しますが

全ては同じ流れの中に。
と認識しますと、楽になります。
流されるのではなくて、
流れに乗ると考えましょう。

2018年12月の名古屋城は、こちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで