さらりと生きる その2

IMG_2547

鈴木大拙師は、
「何のために、お稽古ごとをするのか」
という質問に、
「すっと、できるために」と、答えました。
有事の時に「すっ」と、が大切。
すっと、は、美しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで