アフリカに対する認識

12814134_953186131426113_2108448150363500577_n

去年の今頃は、モロッコ側から、
大西洋の夕陽を眺めていました。
スペインまで、高速フェリーで、
35分。ヨーロッパとアフリカは、近いです。
さて、ネット検索しますと、
小説「アフリカの日々」にも、
的外れな、書評が、書かれていました。
一昨日観たコーチカーターのDVDと同じく、
全てを人種差別、民族差別に結びつける、
評論は、もう、ウンザリです。

確かに、今でも、世界は、
平等ではありませんが、
これらの作品は、もっと深い、
人間の立ち上がるエネルギーを、
題材にしています。

アフリカの日々をしっかり、
読みますと、イギリス領だった、
ケニアでも、
あながち、ヨーロッパ人が、
完全有利ではなく、
現地人のしたたかさが、
そこかしこに現れています。

私たちとは、
違う価値観の中で、
彼らもまた、逞しく生きているのです。

美しき天命セッションはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで