今は、まるで幕末のよう

武漢肺炎の影響で、

生活習慣の見直し、

価値観の変化に、

拍車がかかります。

丁髷、有刀を改めた

江戸末期の人々と、

同じような感覚では

ないでしょうか。

20年前、私が、

スピリチュアルの世界に

入った時、1859

という数字がいつも、

頭によぎっておりました。

それは、

まさに幕末期。

幕末の思想家

西周にしあまねを

調べておりましたら、

なんと、昨年、

慶應義塾出版社が、

西周現代語セレクションを

発刊してくれていました。

さらに、

徳川慶喜の最後の家臣

渋沢栄一の孫、

渋沢華子著作を

おとりよせ。

渋沢栄一は、

来年の大河ですね。

大河ドラマも、

韋駄天から見ていませんが、

来年は、観られるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで