女性起業家の情報開示の危険

「女性起業家の情報開示の危険と、
その対応と、甘えの構造」
起業ばやりですが、
起業は、個人情報を開示し、
守ってくれるものがない
という、前提もあると
いうことを、把握しましょう。

雑誌に顔写真入りで
サロン紹介を特集をされた方
のところへ刑務所内受刑者から、
文通希望の手紙がきたが、
どうしたものかと、
相談が入りました。

大変丁寧な文面だし、
社会貢献の意味でも、
返事を書いた方が良いかと、
言うご相談です。

私は、即座にノーと、
答えました。

女性は、母性愛が、
高いので、ついつい、
世話を焼きたくなりますが、
中途半端に関わると
ろくなことがありません。

社会的弱者のレッテルを
利用して、過剰に甘え、
叶わないと、
逆恨みしてくる傾向が、
無きにしもあらずで、
あなた自身が、
気落ちして、
不快になります。

この案件は、刑務所に
直接電話をして、
対応を尋ねましたところ、

「無視してください」
と、回答をいただきました。

良かれと思ったことが、
アダになることは、
世の中多々ありますが、
抜き差しならなく
なった方は、
有識者に、ご相談なさい。

私なら、
悪霊退散術も使えます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで