宿命は、やっぱりある

海老蔵さんが、ブログで
小林麻央さんの生年月日生まれ時間を、
発表していたので、
紫微命盤を立ててみました。
やはり、大変厳しい命盤です。
特に、疾役宮(病気の宮)と
福徳宮(将来運)には、
のっぴきならないものがありました。
もし、早い時期に、
私にご相談いただけたら、
と、思わずにはいられません。

大難を小難にするのが、
開運鑑定士の役割です。
単純な占いとは一線を画す占術は、
確かな効力があります。
人類の知恵として、
ご活用いただきたいと思います。

また、兄弟宮に、天府星(6等級)
単独入り、三合加会から推察しますと、
姉の麻耶さんが、今後の
深い助けになっていくやもしれません。
これに関しては、麻耶さんの命盤を
立てなくてはなりませんが。

いずれにしましても、
生きたかった人の命の分まで、
私たちは、粛々と生きなければ。
合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで