悟りのタイミング

一昨日、私は、自分が水道管になったがごとくの浄化を受け、
あまりの凄さに、夫に今生の別れを告げたほどだ。
そのあと、何事もなかったかのごとく、ケロリと業務ができるのが不思議だが、
「また来たな的な出来事」のその結果の悟りの理由が

11428068_825544827523578_2935472505668063236_n

この本に出てきたことには、今、読みながらびっくりしている。
悟りのタイミングはあるようだ。
肉体や精神に関連づけられると、悟りは、一気に加速する。

私は、モロッコで、膀胱炎になる数ヶ月前から、
鼻の詰まりが気になっていた。
耳鼻科に行こうかと思うほどであったが、
よもやそれが、膀胱炎の予兆とは知るよしもなく、
足裏の反射区でも、小腸と膀胱にいつも違和感があるが、
それらが、全てスワビスターナチャクラの関連とは思いもよらなかった。
とにかく、鼻の詰まりと共に、あらゆることに、意欲が湧かなくなりつつあった。

それを打破するには、スワビスターナチャクラ活性法だが、
この本に書かれている実技のアサナや、ナディショプラナーヤマが、自分にはできる。
指導者になるには、尚且つ、チャクラの状態が見えなくてはならない。
が、それも問題ない。

インドでの21日間の修練も中々、役に立っているようだ。
タントラヨーガは、私自身そんなに好きではないが、
スワビスターナチャクラを活性化するには、必要なものではある。
そして一番大切なことは、
ワーク中に、何かのアクシデントが起きた時に対応できる技量があること。

頭でわかっていることと、できることはちがう。
自分が、思っていることが、できている人は、成功している。
思っていることと、やっていることがちがう人は、悶々とする。
それはスワビスターナチャクラが、
活性化されていないからに他ならない。
スワビスターナが活性化すると、アジャナチャクラが正しく開く。
そうすると、引き寄せの幸運メカニズムが発動する。
真に、聖なる秩序。
私は、今、鼻詰まりが解消されて真に爽やか。
不調の源を、自分でわかり、対応できる人になっていきたいし、
その技量を分け与えたい。と、切に祈ります。
眠れる知識より、実践です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで