苦痛の構造

12928408_967272456684147_5152087484052134566_n

(誰に相談すればよいのか)
わが国で、2007年に開設された、
スピリチュアルケア学では、
苦痛の構造を、
4つに分けています。

肉体的苦痛(身体の不都合)
精神的苦痛(心の不都合)
社会的苦痛(生活の不都合)
そして、最も深い
スピリチュアルペイン
(人生の意味への問い
罪悪感、死生観)

相談すべき相手の選択ですが、
身体の苦痛は、
医師、整体師、薬剤師、
エステシャン、ヒーラーなど
肉体を治せる人に。
精神的苦痛には、腕のよい
カウンセラーや、占術家。

社会的苦痛には、
ケースワーカー、
腕のよいコンサルタント。
スピリチュアルペインは、
欲の無い宗教家、
スピリチュアルマスターに。

実際の苦痛は、
これらが複合されて存在します。

肉体、精神、生活、
スピリチュアルペイン
全てに、有効に
プログラミングしてあるのが、
吉祥研究会のメニューです。

2003年に創設しました。
時代が、
あとからついてくるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで