量子学的高次元と 古事記について

私は、子供の頃から
時折、ひどい頭痛に
悩まされて、
図書館でいろいろ
調べ、
偏頭痛ではないかと
自分で疑い、
26歳の時、痛みも
ピークに達したので、
心療内科から
紹介され
脳神経科で、
MRI検査を受けました。

なんと‼️
右脳と左脳の血管の数が、
倍近くちがう、
特殊型だと、
医者から説明されました。
悪く言えば、奇形。

右脳の血管のが、
断然、多いそうです。
頭痛信号が来たら、
血管を操作する
薬を飲むだけで、
根本治療法は無し。

なーんだ、
私は、やっぱ、
変人なんだ。

それから、
安心して
霊的世界研究を実践し、
いつのまにか、
偏頭痛は、
消えていきました。

計算高く、
左脳だけで考えると
ことごとく外れるので、
私の開運鑑定や
セミナーは
理論の上に、
直感を乗せています。
何か、
私の後ろの方から
導きがあるようです。

下記は兼ねてより
尊敬申し上げる、
小名木先生の
量子学的高次元と
古事記の説明です。
一番しっくりしますので
ご紹介致します。

こういう考え方に
なれば、争いも、
歪みあいも
消滅しますね。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3959.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで