開運術に方位学はいるのか

新説です(笑)
方位学は、もともと、
風水学の一部ですが、
個人の生年月日を元に、
算出します。
生年月日だけですから、
非常に大雑把。

中国伝来の正統方位学も、
西使命が、4つ
東使命が、4つ
中心星である、
五黄土星は省き、
8つの傾向でしかありません。

同窓生が、
皆、吉報位が一緒って、
気持ち悪くないですか?(笑)

方角が良いとか、
悪いとかは、
何にも建ってない
サバンナなら、
可能でしょうが、

電磁波等の影響をも受ける
現代社会において、
果たしてそれは、
微細でしょうか?

もともと、陰宅風水(墓)
あっての陽宅風水(家)ですから、
墓を持たない人には、
風水学も、あまり意味が
ありません。

と、なると、
方角にこだわるよりも、
ご本人の霊的波動を
上げていくほうが、
大悪方位をも、小悪方位に、
変えられるのでは、
ないかなと、思います。

糸掛け曼荼羅が、
どんどん、華やかに
なっていきます。

明るくしたいなら、
明るい色の糸を掛ければ、
明るくなります。

人生も、しかり。

明るい色は、
霊性の学びだと、
私は、思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで