偶発的な神秘性

IMG_42362

カールグスタフユングも、キャロラインメイスも、
集合的無意識(個人の経験を越えた先天的な構造領域)
の部分における偶発的な神秘性を
重用としているが、その証明において
「卜(ボク)の占術」を用いているところが真に興味深い。
卜占とは、目に観えなくて変わっていくもの、
易、タロットカード、元型カード、おみくじ、などを指す。
本日は、富山教室吉祥タロット初級の講座。
人は常に、未知なるものに恐れをなすが、
識字率の低かった時代に発生したタロットを
現代に活きる知恵に転化することは実は楽しい。
深淵なる神秘をとくと味わってくださいね。
初級講座では、各カードの説明を関連付けて説明し
ワンオラクルと基本の準備の話、浄化集中法をお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで