「わかっているようで、わかっていない自分の事」

IMG_6664

10代は、無我夢中。
20代は、夢の中。
30代で、意識を持ち、
40代で、目覚める。
50代に、悟り、
60代で、護り、
70代で、憂う。
年代によって、当然のごとく感覚が違う。
その感覚の違いが、過ぎ去った年代にならないとわからない。

人は、確実に終焉に向かって歩む。

がんばって生きている自分にエールを送り、
何故、この世に生まれて来たかを、
再確認する、機会に恵まれるといい。

探しているものは、きっと見つかる。
10代の無我夢中と、
20代の夢の中を、
熟年の今に結びつけて、
探しているものは、きっと見つかる。

開運鑑定は、その道しるべ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで