良い反省と悪い反省

この世の中には、真に理不尽なことが起きます。
「常識の壁」なんて、いともたやすく崩れます。
私たち日本人の多くは善良な人種ですが、
そんな中にも、おかしなことが起きます。
そんな時、皆さんはどうしますか。
気持ちに余裕があったり、知識があったり、知恵があったりすると、
とかく、自分を苛めます。

「私が悪いの。私の至らなさ、私の過去の過ち、私のカルマ」

そして、何が起きるかというと、
「自己嫌悪、自己否定」
すなわち悪い反省
になっていくのです。

そうなった状態の時、あなたってハッピーですか。
多分、肉体にも影響が出るほどの不調を抱えていると思います。

本当のやさしさとは、強さです。

自分に合わないことを、「観切る」強さも必要です。
無理に合わせようとしなくてもよいのです。
大人の観きり方を身につけてください。
全てに良い顔は、できません。

変な自己反省から、自己否定をして、自分を見失わないでください。
あなたは、充分、いろんなことがわかっていると思います。

もちろん、職業上、立場上、演じなくてはいけない人もいるでしょう。
そういう皆様は、「仕事」として割り切ってください。
プライベートの時に、良い反省をなさってください。

良い反省とは、そういう、物事の根源を学ぶことにあります。

覆水は盆に返りませんが、
新しいお盆に新しい水をまた、入れればいいだけの話です。

悪い反省をしているまに、
あなたの魂が喜ぶ、
自然の法則、宇宙の真理を学んでいくほうが、はるかに有意義だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで