運命の呼び水

開運術のひとつですが、
人生のここ一番の中で、
敢えて負をして、
道を脇に創ります。
その負とは、
自分にとっての負で、
他者にとっては、
正になることです。

敢えて、損をする
というか、担うと
いうことになりますか。
計算尽くではなく、
清らな気持ちで、
することが大切です。

その負が、後々の
人生倍々ゲームの正に
転換していきます。
まことに不思議ながら、
開運術のひとつで、
当然のことながら、
神々の、
祝福の結果なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで