2021年3月 吉祥レイキマスター誕生


💜アインシュタインを偲びつつ、
穏やかな天気の名古屋で、
光の天使が誕生されました💜
✨吉祥レイキマスターです✨
吉祥レイキマスターコースでは、
1922年アインシュタインが、
日本に一ヶ月滞在したおりの
旅行秘話も、お伝えしています。
その時代は、
ウスイミカオ先生が、
レイキ法を開発した時代でも
あります。
💜アインシュタイン談💜
日本には、われわれの国よりも、人と人とがもっと容易に親しくなれるひとつの理由があります。それは、みずからの感情や憎悪をあらわにしないで、どんな状況下でも落ち着いて、ことをそのままに保とうとするといった日本特有の伝統があるのです。
ですから、性格上おたがいに合わないような人たちであっても、一つ屋根の下に住んでも、厄介な軋轢や争いにならないで同居していることができるのです。この点で、ヨーロッパ人がひじょうに不思議に思っていた日本人の微笑みの深い意味が私には見えました。
個人の表情を抑えてしまうこのやり方が、心の内にある個人みずからを抑えてしまうことになるのでしょうか? 私にはそうは思えません。この伝統が発達してきたのは、この国の人に特有のやさしさや、ヨーロッパ人よりもずっと優っていると思われる、同情心の強さゆえでありましょう。
近代日本の発達ほど、
世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、
三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、
一系の天皇をいただいていると
いうことが、今日の日本を
あらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、
世界に一カ所位なくては
ならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は
進むだけ進み、
その間幾度か戦いは繰り返されて、
最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、
世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、
武力や金力ではなく、
凡ゆる国の歴史を抜き越えた、
最も古くまた尊い家柄で
はなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに
始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、
日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、
吾々に日本という尊い国を、
作って置いてくれたことを。

すてきなイヤリングいただきました。
感謝。
#レイキマスター #アインシュタイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで